7色の錦鯉

3月31日引っ越しました。行き先はこちら→http://letsgototokyo.blog75.fc2.com    

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


本日、
私的初日にて千秋楽を
迎えてしまいました。


滝沢革命、
楽しいひとときと、
新しい発見と経験がありました。


以下、
思いつくままの感想です。
私的意見であり、
目線もニシキにかなり偏っていますが、
それは愛ゆえとご理解下さい。



私、プレゾンの出演者以外では、
客席での後輩くんしかみたことがありません。
舞台に立つタッキーは、
若いエネルギーと華があるんだなぁ、
と思いました。

ニシキが、
『きれい』
という気持ちがわかるような気がします。


舞台での立ち居振る舞い、
向かう姿勢、
お客様への態度、
全てに彼の真面目さがあらわれているような気がしました。
(ニシキも真面目だと思いますが、アマノジャクという感じ。後輩くんは、何というかすっとまっすぐなイメージです。)


そんな舞台。

ニシキが、先輩として、
ストーリーテラーの役割を担っていることに、
ちょっと誇らしい気分になり、

舞台を観ながら、
なんだかにやにやとしてしまいました。


ニシキが椅子に座って、腕と足をいつもの感じで組んで、
大きく息を吸い込んで、小さく息をはきだして、また椅子に座り直す…、
そんな場面をみつけて、頬があつくなる自分を感じ、
そんな自分が恥ずかしくなったり。



やっぱり
私的見所は階段でした。特に女性をエスコートして降りてくるところは、
観てるこっちのほうが、恥ずかしくなってぼんやりしてしまいます。


ニシキは、
というよりも、
少年隊は、
階段やただ歩いて移動するときも、
きちんと演じているというか、
移動と演技の境目がないんです。


今日もやはりそこに釘付けでした。



いい意味で先輩としての重みがあり、
いい意味で後輩を押し退けない軽さ、
そして、
それを主張しないあの感じ、


ステキな人だなぁ、
と思います。


言葉にするとなんだか軽い感じになってしまって申し訳ないのですが、
また思いつくままに書いていきたいと思います。


次回は是非、
3人と仮面舞踏会を歌って踊りたいです
スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://hiro14.blog72.fc2.com/tb.php/595-732a0c23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。